■ 過去ログ


 

2010年 3月31日 まなびの杜2010年春号Line-up of Leading-edge Research
           研究成果が紹介されました。

2010年 3月         この春金研を翔び立つ皆さんと本多先生の胸像と一緒に記念撮影をしました。
              ≫その他の写真
           

2010年 3月         3月17日(木)〜20日(土)まで東海大学湘南キャンパスで開催される
            2010年春季第57回応用物理学関係連合講演会プログラムを掲載しました。

2010年 3月         川崎教授と上野助教が第14回超伝導科学技術賞を受賞します。
           受賞タイトル:「電界誘起超伝導の発見」

2010年 3月 3日   Chakraverty研究員(COEフェロー)が丸文研究交流財団平成21年度交流研究助成 対象者に選出されました。
           研究題目:「ダブルオーダーペロブスカイト酸化物薄膜のエピタキシャル成長と新奇磁性の発現」

2010年 1月20日  「酸化物半導体のFET/電極に有機物利用」日刊工業新聞に酸化物界面の電気電導特性に関する成果が
           報道されました。≫記事

2010年 1月14日  作並温泉一の坊で研究室新年会を行いました。≫その模様
                       

2010年 1月13日  PCMO/LSMO超格子論文の解説記事がNature Asia MaterialsのWEBサイトに掲載されました。

2010年 1月         3月20日(土)〜3月23日(火)まで岡山大学津島キャンパスで開催される
            日本物理学会2010年年次・春季大会プログラムを掲載しました。

2009年12月26日  集中ゼミの後、川崎教授の誕生日(12月15日)のお祝いをしました。
                         ←その模様
2009年12月14日 OB中野君(University of Geneva)の博士論文が第26回井上研究奨励賞に選ばれました
                         ≫財団法人井上科学振興財団

2009年12月 4日   平賀助手の国際交流助成による国際会議参加レポート丸文研究交流財団HPに掲載されています。

2009年12月 2日   「透明・安価なTr実現に道」電波新聞に酸化物界面の電気電導特性に関する成果が報道されました。
            ≫記事

2009年11月26日  上野助教が『第118回東北大学金属材料研究所講演会 優秀ポスター賞』を受賞しました。
           ポスター発表:「電界効果により誘起したKTaO3の超電導」
                    「Superconductivity in KTaO3 induced by an electric field-effect doping」
                           
2009年11月25日 酸化物と導電性有機物で、透明で安価なトランジスターを実現しました。
                       ≫論文 ≫プレスリリース 東北大HP≫ 
           ≫化学工業日報記事(11月26日掲載)
            
2009年11月 2日 大友准教授が東京工業大学大学院理工学研究科応用化学専攻教授に転出しました。
           来年3月末まで金属材料研究所委嘱教授を務めて頂きます。

2009年11月 2日 福村講師が准教授に昇任しました。

                      2009年10月28日 大友准教授・塚崎助教・川崎教授が平成21年度表面科学会会誌賞を受賞しま した。
                       受賞タイトル:「ZnOヘテロ接合の表面・界面制御と量子伝導」表面科学, 29, 2008

2009年10月       塚崎助教の論文がJJAP Most Cited Article 2008 Top 10に選出されました。
                      
2009年10月19日 今年も川崎研恒例の芋煮会を行いました。≫その模様

                      
         
2009年10月 7日 Chakraverty研究員(COEフェロー)がBest Poster Presentations at WOE16を受賞しました。
                  
受賞タイトル:"Spontaneous Atomic Ordering in Epitaxial Double Perovskites: Sr2FeTaO6 and La2FeCrO6"

2009年 9月25日 福村講師がGlobal COE Program International Conference 2009/Japan-Korea Asian Core Program General Meeting 2009
                       でBest Presentation Awardを受賞しました。
           受賞タイトル:"Transparent oxide spintronics"

2009年 9月 1日  大友助教が准教授に昇進しました。

2009年 9月 1日  草場助教が名古屋大学大学院工学研究科に准教授として昇任されました。

2009年 8月        KINKEN Research Highlight 2008に川崎研の研究成果が掲載されています。
                       Conducting Polymer / ZnO Schottky Junction Toward Transparent Oxide Electronics

2009年 7月23日  第23回先端技術大賞授賞式が東京・元赤坂 明治記念館で行われました。
               日本放送賞を受賞したOBの中野君がスイスより一時帰国し、
        福村講師と共に出席しました。≫7月23日付フジサンケイビジネス記事
                      ≫7月24日付フジサンケイビジネス記事 ≫産経新聞記事

2009年 7月        9月8日(火)〜9月11日(金)まで富山大学で開催される 
           2009年秋季第70回応用物理学会学術講演会プログラムを掲載しました。

2009年 7月        グローバルCOEニュースレター3「シリーズ若手の視点」にスバンカー研究員が登場しました。
           ≫記事

2009年 7月 2日  川崎研は安全に十分配慮して実験を行っています。
                       7月1日の金研安全の日にちなみ、実験装置の安全管理・維持への積極的な貢献が認められた学生には
                      川崎教授から表彰状とビール券が贈られます。今年はD1の山田君が表彰されました。
                        

2009年 7月        9月25日(金)〜9月28日(月)まで熊本大学黒髪キャンパスで開催される
           日本物理学会2009年年次・秋季大会プログラムを掲載しました。

2009年 6月        上野助教が第26回応用物理学会講演奨励賞に内定しました。
                         「KTaO3をチャネルとした電気二重層トランジスタ」
                        2009年9月8日(火)〜11日(金)に富山大学で開催される
            秋の応用物理学会で受賞講演を行います。

2009年 6月        『 世界の最先端へ:東北大学案内2010 』の[ 第3章日本と世界をリードする研究大学:Part1(p.20)]に
            川崎教授が登場しています。

2009年 6月 9日 卒業生の中野君がフジサンケイビジネスアイの主催する第23回先端技術大賞ニッポン放送賞を受賞しました。
            >>フジサンケイビジネスアイ記事

2009年 5月14日  DC3年の奥出君が『第117回東北大学金属材料研究所講演会 優秀ポスター賞』を受賞しました。
           ポスター発表:「電子ドープしたRuddlesden-Popper相薄膜の微細原子構造解析」
                    「Microscopic atomic structure analysis of electron-doped
                                                                     Ruddlesden-Popper homologous phase thin films」                       
                       

2009年 5月  7日  Nature誌のNews Featureに「Enter the Oxides」という記事が出ました。
           川崎教授の1994年のScience論文が分野のパイオニア論文として紹介され、
           大友助教の2002年と2004年のNature論文が分野が勢いづいたきっかけの論文、
            塚崎助教の2007年のScience論文が最近のCutting Edge論文として紹介されました。
                        12個の引用文献のうち4個が当グループのメンバーによる論文であり、
                        このEmerging Fieldにおける影響力の大きさを明示しています。
                       

2009年 5月  1日  酸化物で初めての量子ホール効果を報告したScience論文がISIのHot paperに登場しました。
                        ESI統計のHighly Cited Paperは18報になりました。

2009年 5月  1日  VISAの関係で一月遅れましたが、博士課程を修了した中野君が
                        Geneva大学Morpurgo教授のグループにポスドクとして着任しました。活躍をお祈りします。

2009年 4月14日  福村講師と大友助教が『平成21年度科学技術分野の文部科学大臣表彰若手科学者賞』
           をW受賞しました。≫若手科学者賞 受賞者一覧 ≫東北大学 表彰受賞者一覧          

2009年 4月11日 まさに満開の桜の下、共融会のお花見会が三神峯公園で開催されました。
                      

2009年 4月10日  研究室セミナー終了後、新人歓迎会を行いました。
                       
                           優しい先輩と語らう新人菅沼君(右)        天気予報図、ではなく川崎研メンバー出身図

2009年 4月        平成20年度に実施した国立大学法人の教育研究評価の結果が公表されました。
                       東北大学では唯一金研が“全優”の評価結果を得ました。評価理由の冒頭に
                      “「研究成果の状況」について、学術面では、例えば、ZnOの発光ダイオードの論文は、
                       300件を超える引用件数となり、Hot Paperに選ばれている。これらの成果に対して、
                       多くの賞を受賞している。”と書かれています。                      

2009年 3月25日 中野君が博士号を山田君、赤塚君、小野寺君が修士号を授与され、本多光太郎先生の胸像前で川崎教授と共に
                       記念撮影しました (後の二名はスケジュールの関係で残念ながら不在)。山田君は博士号目指して頑張ります。
           中野君は博士課程での研究成果が評価を受け、名誉ある「平成20年度総長賞」(本年度は修士・博士25名が受賞)
           を授与されました。          
                      

2009年 3月17日 福村講師が(財)トーキン科学技術振興財団第19回研究奨励賞を受賞しました。

2009年 2月        3月3日(月)〜4月2日(木)まで筑波大学筑波キャンパスで開催される
           2009年春季第56回応用物理理学関係連合会プログラムを掲載しました。

2009年 2月        KINKEN-IMR NEWS- vol.58に「第三の超伝導体」が掲載されました。≫内容

2009年 1月        3月27日(金)〜3月30日(月)まで立教学院池袋キャンパスで開催される
           日本物理学会2009年年次・春季大会プログラムを掲載しました。

2009年 1月        川崎研の酸化亜鉛紫外LEDの成果がJSTの新技術創出に資する成功事例13選に選ばれました。
           

2009年 1月        東北大学AnnualReport200817p.に製膜中のDC中野君が掲載されました。
                       (D3の中野君が最高学年上級生の権力を行使してM1の小田君の
            チャンバーを乗っ取りました。)
                       

2009年 1月        第25回井上研究奨励賞に平賀助手が内定しました。
            題目「単分子磁石と分子性導体からなる混成金属錯体の設計に関する研究」                      

2009年 1月        「現代化学2月号」に電界効果に関する研究成果が紹介されました。≫記事

2009年 1月18日  研究顧問の菊地先生が河北新報で紹介されました。≫記事

2009年  1月 9日 Nature asia materialsのresearch highlightに電界効果に関する研究成果が紹介されました

2008年12月22日 研究室の忘年会を開催しました。≫その模様はこちら

2008年12月10日 文部科学時報12月号「研究者の声」に川崎教授のエッセイが掲載されました。≫記事

2008年12月        JST-News12月号に川崎教授のインタビューが掲載されました。≫記事

2008年12月 5日 Chakraverty研究員(COEフェロー)がKINKEN-WAKATE2008でBest Poster Awardを受賞しました。
           タイトル:「Dependence of growth directions on the electrical properties of perovzkite oxide」
         
2008年11月28日  D3の中野君が『第116回東北大学金属材料研究所講演会 優秀ポスター賞』を受賞しました。
           タイトル:「PEDOT:PSSショットキー電極を用いたZnO系電子デバイス」

2008年11月10日  11月17日(月)〜18日(火)に開催される平成20年度東北大学金属材料研究所ワークショップ
           「酸化物ナノ構造の基礎と応用−化学と物理の融合」のプログラムを掲載しました。

2008年11月 6日   室温強磁性半導体材料(CoドープTiO2)に関する研究成果が
                         日経産業新聞に掲載されました。≫記事
            
2008年10月13日  川崎研が金研岩佐研および低温研究グループ野島研と共同で行った
           電界効果により超伝導状態を実現する研究成果
                        Nature Materialsでオンライン公開され
           ("Electric-field-induced superconductivity in an insulator"
                            K. Ueno, S. Nakamura, H. Shimotani, A. Ohtomo, N. Kimura,
                            T. Nojima, H. Aoki, Y. Iwasa, M. Kawasaki)
           各報道機関により報道されました。
           NHK東日本放送朝日新聞読売新聞河北新報(以上10/13付)
           日経新聞(10/20付)科学新聞(11/14付)
           

2008年10月 7日  研究室恒例芋煮会を開催しました。
                        
2008年 9月25日   D3の中野君の「高性能紫外線センサ」に関する研究成果
                        (ローム(株)との共同研究)がAppl. Phys. Lett.に掲載され
                         (Appl. Phys. Lett., 93, 123309-1-3, 2008)
                         プレス発表を行いました。
                         科学新聞(10月3日)日刊工業新聞(10月6日)に掲載されるとともに、
            日経ネットSemiconductor JapanEDリサーチなどでネット掲載されました。

2008年 9月 2日  D3の中野匡規君が秋の応用物理学会第24回応用物理学会講演奨励賞
                        を受賞しました。「PEDOT:PSS / ZnO ショットキー接合のフォトダイオード特性」
           

2008年 9月  1日  Nature MaterialsのNews&Viewsで
                        ZnOの最高移動度が20,000cm2/Vsに達したことが紹介されました。
                       

2008年 8月27日   平成20年度戦略的創造研究推進事業(CREST・さきがけ)
           福村講師が「革新的次世代デバイスを目指す材料とプロセス」領域で、
                        塚崎助教が「界面の構造と制御」領域で採択されました。

2008年 7月         9月2日(火)〜9月5日(金)まで中部大学春日井キャンパスで開催される
           第69回応用物理理学会 学術講演会プログラムを掲載しました。

2008年 7月 7日   塚崎敦助教が「ZnO/MgZnO界面制御による量子ホール効果の観測」で
                        「 第48回原田研究奨励賞」を受賞しました。

2008年 7月 4日    9月20日(土)〜9月23日(火)まで岩手大学上田キャンパスで開催される
            日本物理学会2008年年次・秋季大会プログラムを掲載しました。

2008年 7月 1日    川崎研は安全に十分配慮して実験を行っています。
                         研究室内の学生の中で安全管理累計ポイント1位は昨年に引き続き
            D2奥出正樹君でしたが、既に表彰されている為、僅差で次点の
                         D1山崎高志君 が実験装置の安全管理・維持への積極的な貢献を認められ
            川崎教授より表彰状とビール券を贈られました。
                                  

2008年 5月          D3の中野匡規君が第24回応用物理学会講演奨励賞に内定しました。
             「PEDOT:PSS / ZnOショットキー接合のフォトダイオード特性 」
                         2008年9月2日(火)〜5日(金)に中部大学で開催される
            秋の応用物理学会で受賞講演を行います。

2008年 4月25日    新しいメンバーを迎えて4月25・26日に今年も恒例の研究室集中セミナーが
                          川渡セミナーハウスで開催されました。
                         

2008年 4月19日    共融会のお花見が開催されました。残念ながら雨天の為、川崎研は
            セミナー室でしばし語らいのひと時を過ごしました。
            
                                        中嶋所長を囲んで
                                      
            
2008年 4月 4日    春季応用物理学会の報告会を行いました。

          
          
                       
                      ( 川崎教授と講演奨励賞受賞の郡司君


2008年 2月            
                         
                         (  江崎玲於奈先生と中野君 )
                         D2の中野君が2008年2月24日(日)〜29日(金)第1回HOPEミーティング
            国内選抜大学院生として参加しました。

2008年 2月     D2の中野君がWPI & IFCAM Joint Workshop でポスター賞を受賞しました。
            "Conducting polymer / ZnO Schottky junction toward transparent oxide electronics"

2008年 2月          3月27日(木)〜3月30日(日)まで理工学部船橋キャンパスで開催される
            2008年春季 第55回応用物理学関係連合講演会プログラムを掲載しました。

2008年 2月          「Science2007-サイエンス誌に載った日本人研究者-」(2008年1月発行)
            に川崎研が掲載されました。

2008年 2月     3月22日(土)〜3月26日(水)まで近畿大学 大学本部キャンパスで開催される
            日本物理学会2008年年次・春季大会プログラムを掲載しました。

2008年 1月           川崎教授が東北大学出身者などに配信されているメルマガ
                          インタビューを受けました。

2008年 1月23日  川崎教授が日本化学会第25回学術賞を受賞します。
               「コンビナトリアル格子工学による金属酸化物の電子機能開拓」
                          3月26日(水)〜30日(日)開催の日本化学会第88春季年会(2008)にて
             受賞講演が行われる予定です。

2007年12月23日    ミヤギテレビ「かっぺいのいったりきたり」で酸化亜鉛LEDと一般家庭から排出される
            CO2削減の関係を分かりやすく説明しました
            
                        


2007年12月16日    読売新聞にサー・マーティン・ウッド賞授賞の記事が掲載されました。≫記事

2007年12月15日    サブゼミ終了後、川崎教授の46回目の誕生日を研究室でお祝いしました。
             

2007年12月 6日  研究室セミナー終了後、三林精肉店にて受賞祝賀会が開催されました。
                 ≫模様はこちら

2007年12月          半導体技術のロードマップを策定するITRS(The International Technology
                          Roadmap for Semiconductors)の2007年版がSEMATECH2007で公開されました。
                          日経マイクロデバイス12月号でその要点が紹介されています。微細加工技術の
                          トレンドとは異なった方向性の探求がEMR(Emerging Materials Reserach)として
                          独立章となり、川崎研が取り組んでいる高温強磁性半導体や酸化物界面も今後
                          の重要課題としてハイライトされています。川崎教授はITRSに招聘され、ロー
                          ドマップ策定委員会で数回講演を行ってきました。

2007年12月  4日   2007年12月20日(木)・21日(金)開催の平成19年度金研ワークショップ
                   「酸化亜鉛半導体テクノロジーの進歩」のプログラムを掲載します。
            (今回の会場は多元研科学計測研究棟(S棟)2階セミナー室・中会議室です≫MAP
2007年11月26日   D1の郡司遼佑君が第23回応用物理学会講演奨励賞に内定しました。
            「導電性高分子を金属電極に用いた-c 面ZnO ショットキー接合の作製と電気特性 」
                         2008年3月27日(木)〜30日(日)に日本大学理工学部 船橋キャンパスで開催
                         される春の応用物理学会で受賞講演を行います。

2007年11月23日   科学新聞にサー・マーティン・ウッド賞授賞の記事が掲載されました。≫記事
            授与式の模様はこちら

2007年11月16日   日本学士院にて山ア貞一賞の贈呈式が開催されました。≫模様はこちら

2007年11月15日   河北新報に第7回山ア貞一賞受賞記事が掲載されました。≫記事

2007年11月15日   サー・マーティン・ウッド賞の授賞式の模様が英国大使館の科学技術ニュース
            掲載されました。

2007年11月 9日  大学院理学研究科物理専攻の公式セミナーで物理を学ぶ学生や
            一般の方を前に川崎教授があかりについて講義をしました。≫模様はこちら
2007年10月30日   6月22日開催の未来科学館のイベントの模様が光文化フォーラム発行の
            NEWS LETTER No.32に掲載されました。≫記事
           
2007年10月18日   大友明助教がサー・マーティン・ウッド賞を受賞します。
                         「原子レベル制御による酸化物界面の創製と物性開拓」
                         本賞は、日本の研究機関において凝縮系科学(固体物理学、無機・有機固体化
                         学、材料科学、表面物理など)において優れた業績を挙げた40歳以下の若手研
                         究者に贈られます。11月14日(水)イギリス大使館にて授賞式が行われます。

2007年10月 2日  川崎教授が第7回山ア貞一賞を受賞します。≫日刊工業新聞記事(10/3付)
             「酸化亜鉛による新半導体機能発現」
                    本賞は、論文の発表、特許の取得、方法・技術の開発等を通じて、
                         実用化につながる優れた創造的業績をあげている人を顕彰します。
                         贈呈式は平成19年11月16日(金)、日本学士院(東京都台東区)にて開催されます。 
2007年  9月19日 福村講師がトムソンサイエンティフィックのResearch Front Award 2007
            を受賞しました。
                        
                         日本で研究が進められている10の領域において最も活躍しているとして研究者として
                         17 名の科学者が選ばれました。
                         各領域における功績と、その領域における影響度を評価する、
                         トムソンサイエンティフィックのリサーチフロント手法による分析の結果です。

2007年  9月 3日   「酸化亜鉛つかいLED実用化へ」
            日刊工業新聞記事「石ころのナノテク 酸化物が半導体に」に
            川崎教授が取り上げられました。≫記事

2007年  8月27日  日経エレクトロニクス8.27号特集「透明回路」 で川崎研の研究が
            取り上げられています。≫記事                       

2007年  8月    今年度の財団法人丸文研究交流財団の事業の一環として来る9月21日(金)、
            川崎教授を幹事とした「東北エレクトロニクスフォーラム」を立ち上げ、      
                研究交流会を開催致します。
            『エレクトロニクス技術広域分野研究交流会研究交流会』HPは≫こちら
                         ポスター発表を20件程募集しますので興味のある方は是非応募下さい。
                         締切:9月10日(月)募集要項は≫こちら

2007年  8月         東北大学創立100周年を記念して発行されました紹介本『東北大学』の60p.に
            大友明助教が登場しています。

2007年  7月    7月31日から8月2日まで全学教育基礎ゼミ「光・磁石・超伝導〜物質の不思議探検〜」
            を川崎教授・福村講師が担当しました。

2007年  7月30日 『ベビーパウダーが世界を照らす』
            東北大学・東日本放送共同企画番組「東北大学の新世紀」に
                         川崎教授が出演しました。番組の内容はこちらで視聴できます。




2007年  7月         6月22日に開催された「未来館のキャンドルナイト」の模様を
            掲載しました。≫こちらから

2007年  7月         9月4日(火)〜9月8日(土)まで北海道工業大学で開催される
            2007年秋季 第68回応用物理学会学術講演会プログラム
            掲載しました。

2007年  7月         9月21日(金)〜9月24日(月)まで北海道大学札幌キャンパス、
            札幌コンベンションセンターで開催される
                         日本物理学会2007年年次・秋季大会プログラムを掲載しました。

2007年  7月 1 日  川崎研は安全に十分配慮して実験を行っています。
            金研安全の日にD1の奥出正樹君に表彰状とビール券が
                         贈られました。奥出君は、最近実験装置の安全管理・維持に
                         学生として最も積極的に貢献し他の模範と認められました。
                        

2007年  6月26日 日本科学未来館のイベントの模様が日刊工業新聞に掲載されました。
             ≫記事

2007年  6月22日 夏至の夜、日本科学未来館のイベント
           「未来館のキャンドルナイト〜過去をてらし未来を明るく〜」
           のゲストトークに川崎教授が「あかりのスペシャリスト」として登場しました。

2007年  4月12日 日経産業新聞の2007年度技術トレンド調査(第一回)に
            川崎研の研究成果「透明トランジスタに道、薄膜素子を開発」が
            トップ10入り(第6位)しました。≫記事

2007年  3月31日  第一回川崎研OB・OG会(川崎雅光(ガッコウ))が学士会館本館で開催されました。
            詳細はこちらから

東北各県、大阪方面からもご参加いただいた41名で川崎研究室10周年を祝いました。
休日は空手に邁進されている川崎先生に「気合」を胸に刻んだ胴着が贈られました。

 



2007年  3月27日  豊崎君が博士号を、山田君、奥出君、郡司君(学会参加で不在)が
                         修士号を授与されました。
                         同時に川崎研を巣立つ先の2名は学位記とともに記念撮影。
                        後の2名は博士号を目指してさらに頑張ります。

2007年  3月        川崎教授が応用物理学会で企画したシンポジウム
                        「酸化亜鉛エレクトロニクスの進展と今後の展望」が、学会で重要テーマに選定され、
                        3月22日に東京で記者会見が行われます。

2007年  3月        酸化亜鉛量子ホール効果論文に対してベル研究所のArthur P. Ramirez博士が
                        Perspectiveを書いてくださいました。
                        "Oxide Electronics Emerge"というタイトルで、最後の一文が
                       The present experiment suggests that we have entered the era of
           oxide electronics, and research in this field promises exciting discoveries
                       for many years. と締めくくられています。

2007年  3月         D3の豊崎君が青葉理学振興会賞(授賞式3月12日)化学専攻賞(授賞式3月22日)を
                         W受賞します。

2007年  3月         ZnO-LEDの第1報がHot Paperで世界No.1にランクされました。
                          ≫リンク

2007年  3月         3月27日(火)〜3月30日(金)まで青山学院大学相模原キャンパスで開催される
                         2007年春季第54回応用物理学関係連合講演会プログラムを掲載しました。

2007年  3月         3月18日(日)〜3月21日(水)まで鹿児島大学郡元キャンパスで開催される
            日本物理学会2007年年次・春季大会プログラムを掲載しました。


2007年  2月14日 東北大100周年特集「実学の系譜」のフィナーレ、「世界の金研」で
            川崎教授が紹介されました。≫河北新報記事 ≫KONLINE
                         金研を「金属酸化物研究所」に変えてしまおうと、
                         密かに狙う野望がばれてしまいました。

2007年  2月 1日   阿藤助手が東工大応用セラミックス研究所に助教授として昇任されました。

2007年  1月26日 塚崎研究員と大友助手の研究内容がScienceに掲載されました。
                         Science、NHKテレビ放送仙台放送宮城テレビ放送日刊工業新聞フジサンケイビジネスアイ・日経産業新聞
                         河北新報産経新聞・化学工業 日報科学新聞NIKKEI NETプレスリリース 
             詳しい内容はExpressとしてWeb上で公開された論文を参照ください。

 
 

2007年1月26日 NHK宮城放映より


           
2007年  1月    川崎教授が第3回(平成18年度)日本学術振興会賞を受賞します。 
          
2006年12月         福村講師が第10回(平成18年度)丸文研究奨励賞を受賞します。
            「高温強磁性酸化物半導体の創成とそのデバイス実証に関する研究」

2006年12月14日 川崎教授の45回目の誕生日を一日早く研究室でお祝いしました。           

             

2006年11月25日 今年創刊された科学雑誌「テクノクロップス」創刊号で
             インタビュー記事が掲載されました。≫記事

2006年11月  6日 日経産業新聞【探訪・イノベーション拠点】のコラムに金研が特集され、
             川崎教授が登場しました。≫記事

2006年10月    11月10日(金)・11日(土)に開催される平成18年度東北大学金属材料研究所ワークショップ
              「強磁性半導体スピントロニクスの室温動作を目指して〜構造と物性の理解〜」
                        のプログラム(10.27 11/11開始時間と内容一部変更)を掲載しました。

2006年9月30日 川崎教授が丸文学術特別賞を受賞しました。
          「酸化亜鉛のp型制御法の開発と発光ダイオードによる実証」

2006年9月         ZnO-LEDの第一報がThomson Research社のサイテーション調査で
                       The Top 3 Hot Paperに選ばれています。
                        2006年5月にMaterials Science分野2位にランクされ現在まで
                       TOP-3を堅持しています。

2006年9月7日  科学技術振興機構CRESTプロジェクト採択記事が日刊工業新聞に掲載されました。

2006年9月        ベル研究所の論文捏造の単行本が出版され、
                      84ページに当時ベル研にいた大友助手が登場しています。
                      「ちなみに、大友助手も将来を嘱望されている」と紹介されました。 
                      
2006年8月31日  科学技術振興機構CRESTプロジェクトに採択されました。
                      
2006年8月29日 塚崎研究員・D3の豊崎君が第28回応用物理学会論文賞JJAP奨励賞
           受賞しました。
            
            塚崎敦"Blue light-emitting diode based on ZnO”Jpn. J. Appl. Phys.,44(21),L643-L645(2005)
            豊崎秀海"A Ferromagnetic Oxide Semiconductor as Spin Injection Electrode
                                     in Magnetic Tunnel Junction"Jpn. J. Appl. Phys.,44(28),L896-L898(2005)

                      

2006年8月23日 共同研究を実施している坂口電熱が、酸化亜鉛LED製造用レーザ加熱ヒータを
           開発しました。8月30日の応用物理学会で詳細を発表します。
                       ≫日刊工業新聞・日経産業新聞・フジサンケイビジネスアイ・日本経済新聞

2006年8月12日
                

                  Nature誌
で仙台と東北大学が特集されました(Nature 442, 714 (2006) 。
                      金研が材料科学における世界bPのCOEとして紹介されています。≫金研ニュース
                      川崎教授のインタビューも記事になっ ています。

2006年8月        7月21日〜8月27日まで仙台市科学館で開催された
                      特別展「おもしろ化学の屋台村〜化学展2006〜」に出展した際の
                      「石ころが光る・浮き上る」 に来客した子供達の様子です。≫写真

                       
2006年7月20日  恒例の金研ビアパーティー・一気飲みで、
               D3の豊崎君が前人未踏の五連覇を達成しました。
               M1の室田君が堂々の2位。昨年と同じく決勝戦は川崎研で独占という戦いでした。
       

2006年7月         8月29日(火)〜9月1日(金)まで立命館大学びわこ・くさつキャンパスで開催される
           2006年秋季 第67回応用物理学会学術講演会プログラムを掲載しました。

2006年7月         9月23日〜26日まで千葉大学西千葉キャンパスで開催される
           日本物理学会2006年年次・秋季大会物性領域/領域1-13)のプログラムを掲載しました。

2006年7月        7月21日〜8月27日まで仙台市科学館で開催される
                      特別展「おもしろ化学の屋台村〜化学展2006〜」に川崎研は
                      7/21-8/2の期間「石ころが光る・浮き上る」を出展します。≫河北Weekly(7月8日付)
2006年6月28日  朝日新聞科学面連載「ITのチカラ・4」に川崎教授が掲載されました。
           ≫記事

2006年6月 1日  ZnOが日経マイクロデバイス6月号の今月のキーワードに選ばれました。
           ≫記事
2006年5月25日   上野研究員が『第111回東北大学金属材料研究所講演会 優秀ポスター賞』を受賞しました。
            ポスター発表:「様々な界面構造をもつアナターゼTiO2電界効果トランジスタ」
                               「Anatase TiO2 Field-Effect Transistor with Various Configurations」

2006年5月20日  東北大学生新聞に研究所連携プロジェクト「第1期の成果報告」
            が掲載されました。≫記事
 
2006年5月 1日  日本化学会の「化学と工業」誌に「私の自慢」を寄稿しました。
2006年4月28日   ハイテクベンチャーを支援する川崎教授が紹介されました。
                         ≫日経産業新聞記事

2006年4月15日    恒例のお花見が行われました。新入生の室田君・山崎君が加わり記念撮影。
                        

 

2006年 3月    川崎教授がGuestEditorとして編集しました
                    Semiconductor Science and Technology(Vol.20 No.4)

           2002年以降のハイライト論文トップ16編の中に本特集号の論文4編が選ばれました。
                        「酸化物半導体」の注目度を裏付ける結果と言えます。
                             


2006年 3月         福村講師の総説論文"Magnetic oxide semiconductors"が
                         Semiconductor Science and Technologyのハイライト論文に選ばれました。

2006年 3月24日 西井君と藤井君がめでたく博士号を授与されました。
           物質科学の神様・本多光太郎先生の胸像の前で記念撮影。
           

2006年 3月    週刊文春BUSINESSが各界から選定した40代日本のキーマン300人に名前を連ねました。
                        共同研究でお世話になっている筑波大の秩父先生も選ばれました。≫記事

2006年 2月22日  最近世間を騒がせている抵抗変化型不揮発メモリ"RRAM"の記事が読売新聞(全国版)
                         に掲載されました。≫記事

2006年 2月         2006年3月22日〜26日まで開催される
           第53回応用物理学 関係連合講演会プログラムを掲載しました。

2006年 2月10日   EE TIMES Japan2月号p.14「Spotlight」に川崎教授のインタビュー記事
           『偶然を必然に』が掲載されています。 ≫記事

2006年 2月 3日  塚崎研究員が優れた博士論文を提出した若手研究者に対し贈られる
            第22回井上研究奨励賞(井上科学振興財団)を受賞 いたしました。
            博士論文題目: 「ZnO薄膜の価電子制御と発光ダイオードの作製に関する研究」
           
2006年 1月    日本IBM科学賞受賞に関して産総研Todayに掲載されました。

2006年 1月    日経エレクトロニクス新春特集号「研究開発 物理に還る」
           酸化亜鉛LEDや強相関酸化物不揮発性メモリが登場しています。
           ≫記事
2005年11月22日 川崎教授が第19回日本IBM科学賞を受賞 しました。
                         受賞式の模様はこちらから
                    
歴代の受賞者一覧はこちらから
            エレクトロニクス分野:「酸化物エピタキシーの精密化と集積化による新電子機能の開拓」
                        ≫10月28日付 読売新聞・河北新報   ≫10月28日付日刊工業新聞 ≫10月29日付朝日新聞
           ≫11月7日付 産経新聞・化学工業日報 ≫11月8日付東京新聞                 

  

2005年11月14日 M2の中野君が『第110回東北大学金属材料研究所講演会 ポスター賞(第1位)』を受賞しました。
            ポスター発表:「ルチル構造Ti1-xCoxO2を透明電極とする有機 EL素子の発光特性」
                                            「Organic light-emitting device using rutile
                                                                                Ti1-xCoxO2 as a transparent electrode」

2005年11月    ZnO-LED 第一報が ISI 社により Hot Paper に選定されています。
           ただいま 29Times Cited。

2005年10月31日 ロームとの共同研究が日経産業新聞に掲載されました。
           ≫記事                      

2005年10月20日 !祝!共同研究でお世話になっている秩父先生が21世紀の気鋭として
                         日経産業新聞で紹介されました。記事

2005年10月20日 産総研で行っている研究が日経産業新聞で紹介されました。記事

2005年10月 1日  日経マイクロデバイス10月号(84p-85p)で川崎教授が7月に出席した
            "International Symposium on Resistive Switch Memory Device Benchmarking"
            が取り上げられました。≫記事

2005年9月    日経サイエンス10月号(116p)に川崎教授のインタビューが掲載されました。

2005年9月    9月19日〜22日まで開催される
           日本物理学会2005年年次・秋季大会(物性領域/領域1-13)プログラムを掲載しました。

2005年8月    10月13・14日に開催される平成17年度東北大学金属材料研究所ワークショップ
           「ワイドギャップ希薄磁性半導体」のプログラム(9月12日一部訂正致しました)を掲載しました。

2005年8月    D3の西井君が応用物理学会講演奨励賞を受賞します。
           記念講演が9月8日16:30からG会場で行われます。
                       「Mg1-xCaxO/ZnO ヘテロエピタキシャル 成長」

2005年7月22日 恒例の金研ビアパーティー・一気飲みで、
               D2の豊崎君が4連覇を達成しました。
               M1の山田君が堂々の2位。決勝戦は川崎研で独占という戦いでした。
       

2005年7月4日  第19回先端技術大賞授賞式が東京プリンスホテルで行われました。
        川崎教授とニッポン放送賞を受賞した塚ア研究員。
             (授賞式の模様は
こちらから)
             


2005年7月    2005年9月7日〜11日まで開催される
           「2005年(平成17年)秋季第66回応用物理学関係連合講演会」プログラムを掲載しました。

2005年6月    Phtonics Spectra誌にZnO-LEDが紹介されました。記事

2005年6月2日  塚ア研究員がフジサンケイビジネスアイの主催する先端技術 大賞ニッポン放送賞を受賞しました。
            >>産経新聞記事   フジサンケイビジネスアイ記事

2005年5月    酸化亜鉛LEDが追いつき追い越す目標である窒化ガリウム青色LEDに
           必要不可欠な稀少金属「インジウム」の価格推移をたまたま新聞と業界専門誌で見つけました。

2005年5月26日   D2の豊崎君が『第109回東北大学金属材料研究所講演会 ポスター賞(第3位)』を受賞しました。
                        ポスター発表:「強磁性酸化物半導体Ti1-xCoxO2を用いたトンネル磁気抵抗素子」

2005年5月    酸化亜鉛青色ダイオードについてJETRO(日本貿易振興機構)の英文ホームページで紹介され
           海外産業界に情報発信されました。

2005年4月    日経エレクトロニクスでLEDの特集が組まれました。酸化亜鉛の紹介コラムがありました。
           特集号の表紙コラム、詳しくはこちら
          
2005年4月20日 「新・青色LED」読売新聞に掲載されました。

2005年4月1日 D3の藤井君が産総研強相関センター(CERC)の澤主任研究員との共同指導のもとで
                     行っている研究成果が日経マイクロデバイス4月号で6ページに渡り紹介されました。
                     特集の扉ページ 藤井君らの研究紹介の扉ページ さらに詳細はこちら
 

2005年3月18日 川崎研とローム(株)の共同研究の取り組みや将来市場予測が
           日本経済新聞に掲載されました。1兆円めざして頑張ります!           
                      新聞記事

2005年3月    酸化亜鉛LEDの研究について東北大工学部関連の青葉工業会ニュースで紹介されました。

2005年3月18日 川崎教授のインタビューが東北大学のホームページで紹介されました。
          http://www.tohoku.ac.jp/japanese/interview/interview-08-index.html

2005年3月17日  2005年3月24日〜27日まで開催される「日本物理学会第60回(2005年)年次大会」
           プログラムを掲載しました。
 
2005年3月  3日  2005年3月29日〜4月1日まで開催される「2005年春季 応用物理学関係連合講演会」
           プログラムを掲載しました。

2005年2月         「電子材料:p型酸化亜鉛の明るい未来」と題して、Nature Materialsの論文
                        ハイライトされました。≫Materials Today

2005年2月25日 川崎教授の恩師である東京工業大学の鯉沼秀臣先生の最終講義が行われました。
           司会として鯉沼先生の輝かしい業績と熱意あふれる後進への指導について
           紹介する機会を頂きました。
          
2005年2月23日 文部科学省ナノテクノロジー総合支援プロジェクトセンター
          メールマガジン JNNB : Japan Nanonet Bulletin 83号ナノネットインタビューに
          川崎教授のインタビュー記事が掲載されています。
          『コンビナトリアル超格子工学〜p型酸化亜鉛の実現に見るその新たな展開〜』

2005年2月14日 「夢の光が未来をひらく〜新・発光ダイオードの衝撃〜」
          クローズアップ現代(NHK)で全国放送されました。 視聴率は11.7%。
          プライムタイムの二桁達成は快挙といえます。
           

                     

2005年2月4日 「世界初 夢の光誕生―東北大学の挑戦―」
          クローズアップみやぎ(NHK)で 川崎研の研究成果が放送されました。

2005年2月1日  「酸化亜鉛で青色ダイオード」昨年12月20日に報道された他の新聞記事です。
           茨城新聞・京都新聞・山陰中央新報・千葉日報・中日新聞・西日本新聞・山形新聞
           岩手日報愛媛新聞山陽新聞・四国新聞信濃毎日新聞東奥日報

2005年1月28日 D2の藤井君が産総研強相関センター(CERC)の澤主任研究員 との共同指導のもとで
           行っている研究成果が日経マイクロデバイスの記事で紹介されました。
                             メルマガ(NE ONLINE) 日経マイクロデバイス記事 関連論文APL04, APL05

2005年1月23日 D3の西井君が 32nd Conference on the Physics and Chemistry of Semiconductor Interfaces
                       において"ZnO field effect transistors" の講演を行い、Young Scientist Award を受賞しました。

2004年12月29日 「青色LED開発に成功」読売新聞に掲載されました。

2004年12月20日 D3の塚崎君が長年取り組んできた酸化亜鉛のp型制御とpn接合青色発光ダイオード の研究が
           Nature Materials のWeb-siteで公開されました。
           論文概要 論文内容 プレスリリース 日経産業新聞 朝日新聞(東京本社・大阪本社版) 
           朝日新聞(地方版)・日刊工業新聞 河北新報 
          

2004年12月16日 川崎教授の生誕祭をセミナー後に祝いました。
           教授には極秘裏に準備されていた生誕祭の模様はこちらから。

2004年12月        2005年1月13〜14日に開催される、平成16年度東北大学金属材料研究所ワークショップ
                        「強相関酸化物の機能開発とコンビナトリアル手法の応用」 のプログラムを掲載しました。

2004年12月1日  福村さんが講師に昇任しました。

2004年11月25日  D3の塚崎君が『第108回東北大学金属材料研究所講演会 ポスター賞(第1位)』を受賞しました。
            ポスター発表:「ZnO p-nホモ接合発光ダイオード」

2004年10月8日  地元仙台で行われたThe 3rd International Workshop on ZnO and Related Materials は、
            世界15ヵ国から186名の参加者が一同に介し大盛況のうちに終了しました。
            次回の開催は、2006年ドイツに予定されています。
            参加者全員での記念撮影の様子はこちらからどうぞ。

2004年9月4日    2004年の遊鯉会を仙台「秋保温泉」にて開催いたしました。
             開催の様子はこちらからどうぞ。

2004年8月       「死の谷を泳ぐ」川崎教授の紹介が日刊工業新聞に掲載されました。 新聞記事
                       「楽園を泳ぐ」川崎教授はこちらから

2004年8月        2004年9月12日〜15日に開催される「日本物理学会2004年秋季大会 」のプログラムを掲載しました。

2004年8月9日    大友助手らの研究がNatureの8月5日号に掲載されました。
                      (>> 論文内容 1 2 >> News and Views >> 新聞記事

2004年8月        2004年9月1日〜4日に開催される「第65回応用物理学会学術講演会」のプログラムを掲載しました。

2004年8月       福村助手が「応用物理学会論文賞・JJAP論文奨励賞」を受賞しました。
                       受賞論文:Magneto-Optical Spectroscopy of Anatase TiO2 Doped with Co
                                     Jpn. J. Appl. Phys., 42 L105-107 (2003)
                       9月2日正午から、応用物理学会(仙台)で受賞記念講演が行われます。
                       講演タイトル:酸化物磁性半導体の開拓―初合成から室温強磁性の検証まで―
 

2004年7月      川崎教授が主に筑波産総研のプロジェクトで研究を行ってきた成果が
                      Science7月30日号に掲載されました。
                    論文内容 プレスリリース 新聞記事

2004年7月12日 福村助手が「高いキュリー温度を持つ透明強磁性半導体の創成と強磁性スピン分極の実証」で
                      「原田研究奨励賞」を受賞しました。

2004年7月       川崎教授が日経先端技術の「第一線研究者レポート」に紹介されました。

2004年7月      D1の豊崎君が金研ビアパーティーでの早飲み競争に出場して優勝し、みごとに
                     3連覇の偉業を達成しました。川崎教授は準決勝で惜しくも敗退しました。
  
2004年5月      強磁性半導体の研究成果のインパクトについて、Materials Today の Research News で紹介されました。

2004年5月17日-21日
マウイ島で開催されたアメリカ空軍研究所主催の"ZnO Workshop"に
川崎教授、大友助手、D3の塚崎君が出席し、それぞれ招待講演を行い ました。
ハワイと言うことで、日頃の緊張を少しだけほぐしました。  様子はこちらからどうぞ。

2004年5月13日
D1の豊崎君が『第107回東北大学金属材料研究所講演会 ポスター賞(第2位)』を受賞しました。
ポスター発表:「キャリア誘起室温強磁性半導体ルチル構造Ti1-xCoxO2薄膜の物性」

2004年5月
卒業生の古用さんが松下電器研究開発部門の紹介ページに登場しています。
卒業生の田村さんがローム株式会社のパンフレットに登場しています。

2004年4月27日
2004年10月5日〜8日に仙台市戦災復興記念館で開催される「The 3rd International Workshop on ZnO and Related Materials」の
HPへのリンクをメニュー画面に追加しました。

2004年4月21日
川渡宿舎にて研究室セミナーを開催しました。
(毎年の恒例行事です) 様子はこちらからどうぞ。

2004年3月22日
M2の豊崎君が実験を行ってきた修士論文の内容がNature Materialsに掲載されます。
一足先に、Webで公開されました。
>>プレスリリース >>オンライン公開版 >>河北新報  >>日経産業新聞  >>日刊工業新聞

2004年3月3日
2004年3月28日〜31日に開催される「第51回応用物理学関係連合講演会」のプログラムを掲載しました。

2004年1月
博士課程学生の大谷君がGordon Research Conference on COMBINATORIAL & HIGH THROUGHPUT MATERIALS SCIENCE
国際会議でThe Best Poster Awardを受賞致しました。

2004年1月
大友助手の研究が英科学誌、Natureの1月29日号に掲載されました。(>>論文内容 >>新聞記事

2004年1月
2004年1月23〜24日に開催される、平成15年度東北大学金属材料研究所ワークショップ「コンビナトリアル固体化学の新展開と酸化物半導体」
プログラムを掲載しました。

2003年10月
川崎研のルーツ「コイヌマン」についての大友助手の紹介が、東工大応用セラミック 
ス研究所のニュースレターに掲載されました。川崎教授の恩師である鯉沼先生(東工 
大)の名前にちなんで付けられたあだ名です。

2003年10月31日
大友助手が第43回原田研究奨励賞を受賞しました。
研究テーマ:バンド絶縁体−モット絶縁体界面の電荷変調と金属伝導

2003年10月13日
D2の山田康博さんが、IUMRS-ICAM2003において、最優秀ポスター賞を受賞しました。

2003年9月18日
大友助手が平成15年度戦略的創造研究推進事業個人型研究(さきがけタイプ)に新規採用されました。

2003年9月12日
ドイツで開催された10th Oxide Electronics Workshopの模様がドイツ有力紙に掲載されました。
右から、Mannhart教授(ドイツアウスブルグ大)、Green教授(アメリカ・メリーランド大)、
川崎教授(東北大)、Bednorz博士(IBM・1988年ノーベル物理学賞)、井上博士(産総研)。


2003年7月17日

金研ビアパーティにて、M2のT崎クンが一気飲み大会で二連覇を制しました。

2003年7月5日
大友助手が第16回安藤博記念学術奨励賞を受賞しました。
  研究テーマ:酸化亜鉛量子構造の創製と光機能性に関する研究

2003年7月

第64回応用物理学会学術連合講演会のプログラムを掲載しました。

2003年3月
応物のプログラムを掲載しました。

2003年2月7日

金研共融会写真展にて、M2のTノ谷クンが賞を独占しました。おめでとうございます。


特選:冷静と情熱のあいだ

佳作:物思いにふける
2002年12月15日
川崎先生誕生日おめでとうございます。



うまそうにケーキを食らうY田君

2002年12月24日
川崎研の秘書として新たに矢島さんがメンバーに加わりました。

2002年11月14日
ノーベル物理学賞を受賞されたラフリン先生が金研講演会にて講演されました。


2002年10月18日
理研も皆様も交えて毎年恒例の芋煮会をしました!(フォトギャラリーもみてね)

2002年8月31日
大久保君、鈴木君院試合格おめでとうございます。いつでも気軽に遊びにきてね。

2002年8月23・24日
「コンビナトリアル化合物機能開発」ワークショップが 大成功のうちに開催されました。
大変興味深いご講演をしてくださった先生方には大変感謝いたします。
研究室メンバーは準備・運営等、ご苦労様でした。

2002年8月1日
涼しげな「手染め暖簾」が研究室の玄関を飾りました。菊地先生ありがとうございます!


2002年8月1日
夏休みにみんなで海に行ってバーベキューをしてきました。

2002年7月23-26日
学部1年生の基礎ゼミが開講されました。皆さんお疲れ様!

2002年7月23日
M1のT崎君が金研ビアパーティの早飲み大会で優勝しました。

2002年3月
塚崎君が応用物理学会講演奨励賞を受賞しました。